2008年01月28日

抹茶白玉パフェ



和のデザートつづきで

抹茶白玉パフェをご紹介。

抹茶のアイスクリームに白玉と抹茶のゼリー

小倉のあんをのせて

バニラアイスクリームと生クリームで飾り付け

和の甘味が好きな方には、オススメです。

680円です。
(サービス期間中は値段が変わります。
後、ドリンクとのセットにするとお得です。お店でお問い合わせ下さい。)  


Posted by フナキ at 09:18Comments(8)メニュー

2008年01月21日

お豆のパフェ



ぜんざいに続いて、お豆シリーズ

お豆のパフェ

私自身、お豆が大好きで、お豆のメニューを出したいなと
思っていたら、料理の本にお豆のパフェというのが
載っていました。

でも、みると和風のお皿の上にお豆が乗っているのだけで
パフェには見えない。

それで、アレンジしてみました。

北海道産の黒豆と白花豆を甘さ控えめに煮て
バナナとバニラアイスをトッピングしました。

黒豆と白花豆は、上質な豆を使用しております。
白花豆は、以前は、料亭で使うてつろう豆というのを使っていましたが
供給が不安定で、今は使っていません、でもそれに劣らないくらい上質のものです。

このパフェは、結構ファンの方がいらっしゃいます。
お豆が入荷しないと、お客様に残念に思われるので
お豆の確保が課題ですね。

  


Posted by フナキ at 14:08Comments(6)メニュー

2008年01月12日

深屋のおぜんざい



こんにちは。

一昨年から、メニューにおぜんざいが加わりました。
最初、小豆・黒豆・白隠元・うずら豆、うぐいす豆の5種類使って五色ぜんざいと名前を付けていましたが、

お豆の入荷が不安定で、ほとんど国産の豆でしたが、うぐいす豆だけが日本では
ほとんど手に入らず、中国ものを使っていました(といっても上質のものです)

最近、中国の農産物への不信が高まってきたので
うぐいす豆をあきらめて、4種類の豆のおぜんざいにしました。

深屋というのは、屋号で、江戸時代は釣り針を行商していたので
あまり関係はないのですが
甘さを控えた、豆の味のバリエーションの楽しめるぜんざいになっています。

和のデザートを増やしたいと思っているので、この屋号を使っています。

ぜんざい通の方のご感想をお待ちしております。

新天町店は、平日のみのメニューとなっております。
地下街店は、土日も提供しております。

               深屋のおぜんざい       630円
                  梅昆布茶と昆布の佃煮がついています。
               (セール中は値引き価格になることがあります。)
P.S.
お餅が二個はいっています。
  


Posted by フナキ at 17:32Comments(9)メニュー

2008年01月05日

あけましておめでとうございます!





あけましておめでとうございます。

1月2日は、新天町の初売りで、恒例の新天町の商品券の発売日。
11時からの発売開始予定でしたが、多くの方がお待ちになって長い列になったので
10時からの発売開始に。
1万円で1万2千円分の商品券が購入できます。販売は1月2日だけ。
5万円だと1万円のお得、10万円だと2万円のお得、100万だと20万円のお得
1000万だと200万のお得・・・考えるのは自由です・・・笑

みなさんの、いきいきとしたお顔をみたり、お話しをしたり、とても楽しいですね。

さぁー、一年が始まりました。

サン・フカヤも新しいメニューと笑顔で、頑張ります。

「天神町の思い出」プロジェクトも少しずつ動き始めました。

今年もよろしく、お願いいたします。  


Posted by フナキ at 08:58Comments(4)カフェ