Posted by at

2009年11月12日

福岡県産業デザイン賞に、出展



 福岡県産業デザイン賞に、昨年に続き出展しました。

出展したのは、蜂蜜のジャム・ゼリー

昨年、奨励賞をいただきました。

しかし、商品づくりって、いろいろありますね。

でも、素敵な出会いがたくさんあって、様々な課題がなんとか
克服できています。

産業デザイン賞の知り合いも増えて、よかよかのブロガーの中にも
出展者がいます。

久留米のつるまるさんも出展されると聞いていて、
会場に行ったら、なんと、お隣でした。

右隣も、私の入っている中小企業家同友会の会員、にんにくドレッシングの松尾さん
そのとなりは、私と一緒に、同じ同友会で商品開発を勉強している野菜王国の崎田さん
自然薯のドレッシング
そのとなりに、なんと、よかよかのブロガーのこもれびガーデンさん、
そのもう一つ隣に、黒豚コラーゲンさん
斜め向かいに、同友会の同じ委員会の直方の赤松さん、技物の包丁を出展

ことしは、準備不足でしたが
知り合いが多くて、とても楽しい会になりました。

昨年のコメントをいただいた大倉紀子さんから
期待していたのにと、過大なコメント
ひたすら大謝りです・・・

でも、会場で、意外なコラボレーションも生まれそう・・・

サプライズの多い産業デザイン賞でした。

そしたら、野菜王国の崎田さんが、奨励賞をいただいたそうです。

応援していたので、私もうれしいです。

商品開発をしていらっしゃる方は、ぜひ、産業デザイン賞にトライしてみてください。

~今日は、長い日記になってしまった。

14日からは、つるまるのつるさんとファーマーズスタジオの田中さんたちが、交替で
ワゴン販売。
楽しみです。  


Posted by フナキ at 00:12Comments(11)トライする

2009年08月04日

インプロ・ワークショップにスタッフと参加



インプロのワークショップにスタッフ二人と参加しました。

インプロというのは、演劇の即興の要素をゲームにしたもので、
俳優のためのトレーニングとして使われているものですが

俳優にも、相手の目を見なかったり、相手の言うことを聞いていなかったり
その場を自分で支配しようとしたり、自分のペースだけで動いたりする人がいて、
このゲームをすると、必ず、相手を見なければならないゲームや相手のいうことを
聞かなければならないゲーム、相手に合わせなければ進まないゲームなどがあって

ゲームをしていくうちに、自然に相手と合わせていく力がついていくもので
最近では、企業のコミュニケーション力向上に採用されています。

今回のインプロ・ワークショップはインプロジャパンの主催で
待ちわびた福岡での開催でした。

東京から来られたのは、お二人で

最初は、単純な、お互いのニックネームの呼び合い・・・ですが
単純なのに、意外とできない
途中から、早くなって、頭を無理やり動かしている感じに・・・・

今度は、円になって、相手の名前を呼んで、相手のいるところに

・・・やっていくうちに、どんどん交錯してきます。

名前を呼ぶのが途中で、二組に・・・

最後は、三組に・・・

う~ん、言葉で書くと難しいな~

インプロで、一番大切なのは、相手の言葉やしぐさなど相手が投げかけてきたものを
否定せずに受け入れて、それに何かを足してあげることです。

相手を受け入れること   YES

そして、何かを付け加えること  AND

そう、 YES + AND の精神です。

普段の生活でも、人の話を、否定的に遮ったり、気持ち半分で聞いていたりしませんか

私は、インプロをしていると、自分のこういうところに気づかされてしまったりします。

相手の発信しようとすることを、流れを止めずに引き出すこと

これは、素晴らしいことだと思います。

まだ、一度だけですが、素敵なワークショップでした。

スタッフもとても楽しくてためになったそうです。

インプロが、福岡に広がるといいなと思っています。

ご興味がある方は、インプロゲームという本が、あります。

後、ホームページもありますので、のぞいてみてください。
  


Posted by フナキ at 00:24Comments(21)トライする